WORKS

パルコホームの家づくり

自由設計住宅と規格型住宅は何が違う?

住宅を建てる方法の一つに自由設計住宅があります。
自由設計といえば、様々なことを自分で自由に決められるという、漠然としたイメージしか分からない方も多くいらっしゃいます。
住宅の種類と、実際、自由設計住宅は何が良いのかを紹介します。

注文住宅の種類

まず、注文住宅は、大きく2種類に分けることができます。
お客様のご要望を一つ一つお聞きしながら作り上げていく自由設計住宅と、間取りや大きさの決まった規格型住宅で、それぞれ下記のような特徴を持っています。

規格型住宅

規格型住宅とは、予め決められたプランや坪数の中からお客様のご希望のものを選んで建てる住宅です。既に決められたプランがあるため、完全に1から作っていく自由設計と比較すると、自由度は劣るものの低価格設定になっています。

ただ、最近では、複数種類のプランの組み合わせを自身で決められるものも増えてきているので、少し前の規格型住宅とは少し違ったものになりつつありますね。

自由設計住宅

自由設計住宅は決められたプランなどは存在せず、法律の範囲内であれば1から自由に建てることができる住宅です。規格型住宅よりは価格が上がりがちですが、自由度は比べ物にならないほど高いのが特徴。

自由設計住宅のメリット

自由設計住宅には下記のような2つの大きなメリットが存在します。

・自分のこだわりの家を建てられる
自由設計住宅であれば、自分のこだわりをとことん詰め込んだ家を建てることができます。

ただ、そのこだわりが実現できないハウスメーカーもあるので、これだけは外せない!という希望をお持ちの方は、契約前に相談しておくといいですね。

・狭小地や変形地でも建てることができる
土地を購入する際に、周辺施設が良いエリアや、交通の利便性の高いエリアなど、外したくないという条件はどなたにもあるかと思います。
条件に合う土地が見つかっても、その土地が変形地や狭小地の場合は、規格住宅では家を建てられないことがあります。
しかし、自由設計は土地に合わせて間取りを作ることができますので、四角形の敷地以外でも、その土地に合わせた最高の住宅が建てられます。

まとめ

自由設計住宅と規格型住宅についてお話しましたが、このうち注文住宅は一から自分で作り上げる大変さはあるものの、ご自身のこだわりを完全に反映した自分だけの住宅を建てることができる。また、規格型住宅では立てられない形の土地にも客様のご要望に合わせた住宅を建てることができますので、理想の住宅を建てるには自由設計住宅が最適ですね。

ただ、ご予算もあると思います。先にお話ししたように、近年ではある程度自由度のある規格型住宅もあるので、併せてチェックしておくと◎。

掲載日:2021年7月2日 17:00
CONTACT
022-358-8650
トップに戻る
資料請求来場予約定期点検