WORKS

パルコホームの家づくり

仙台市の省エネ住宅への補助金制度

はじめに

仙台市では、住宅の断熱性能向上やエネルギーの有効活用を行うための工事に対していくつかの補助金制度が用意されています。
今回はこうした補助金を紹介致しますので、住宅を購入する際には補助金を有効活用してお得に購入しましょう。

Let’s熱活!補助金

Let’s熱活!補助金は正式には仙台市熱エネルギー有効活用支援補助金とよばれる補助金制度で、仙台市に居有用住宅を所有している人、または所有する予定の方を対象に窓断熱改修または熱エネルギーを有効活用するためのシステム導入に対して補助金を受けることができます。

対象となる工事

窓断熱改修では内窓設置や外窓交換、ガラス交換等が対象となり合計で10万円、熱エネルギーを有効活用するためのシステム導入に関しては、太陽熱利用システムで最大12万円、地中熱利用システムで最大50万円、コージェネレーションシステムで最大20万円、下水熱利用システムで最大400万円の補助金を受け取ることができます。

Let’s熱活!補助金に係る申請
http://www.city.sendai.jp/ondanka/download/bunyabetsu/kankyo/kankyohozen/hojokin.html

既存住宅省エネルギー改修促進事業補助金

既存住宅省エネルギー改修促進事業補助金は、宮城県内に住宅を所有する方を対象とし、既存住宅の断熱改修を行う人に対して工事費の補助を受けられる制度です。

対象となる工事

対象となる工事は、窓や屋根、壁、床の断熱改修工事において県の判断基準を満たした工事で、工事費の10分の1が助成されます。
窓等開口部の補助上限額は1棟あたり10万円、屋根・又は天井の補助上限額が1棟あたり25万円、壁の補助上限額が1棟あたり25万円、床の上限額が1棟あたり25万円となっています。

平成28年度既存住宅省エネルギー改修促進事業補助金のご案内
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/kison1.html

スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金

スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金は、宮城県内に住所を有する人を対象に、太陽光発電システムや蓄電池等の設置に対して補助金を受けられる制度です。

対象となる工事

対象となる工事は太陽光発電システムや蓄電池、エネファームの設置とZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)で、太陽光発電システムの設置に対しては県内に所在する工場で生産されたモジュールを設置した場合に、5万円の補助を受けることができます。

また、蓄電池の設置に関しては10万円、エネファームの設置に対しては15万円、ZEHに対しては30万円の補助となっています。

平成28年度スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金について
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/saisei/smartenergy-h48.html

まとめ

仙台市では断熱改修工事や熱エネルギーの有効活用等に対して仙台市や宮城県から補助金を受け取ることができます。
新築住宅購入でも、中古住宅購入でも適用を受けられる可能性があるため購入前に一度内容を確認しておくと良いでしょう。

掲載日:2016年10月31日 18:58
CONTACT
022-358-8650
トップに戻る
資料請求来場予約定期点検