WORKS

パルコホームの家づくり

安心技術

パルコホームは安心・安全に暮らせる住まいのための、様々な施工技術も使用しています

家を支える強さの確認

一見良好に見える宅地でも、精度の悪い造成地や樹木やゴミなどをそのままにした埋立地などは、地盤が軟弱と言われています。地盤調査せずに家を建ててしまうと、建物が傾くなど、思わぬ事態を招くことになります。
パルコホームは地盤調査を確実に行い、敷地状態に合わせた、最適な基礎状態をご提案します。調査結果に基づき保証書が発行されます。

ベタ基礎(補強基礎)
ベタ基礎

布基礎に比べ、底面全体で建物を支えるため荷重分散し偏った地盤の不同沈下が起こりにくく、建物の損傷を防止します。

表層改良工法
表層改良工法

逆T字型鉄筋コンクリート構造。底辺にあたる部分をフーチングと呼び、地盤が悪ければフーチングの厚さや幅を大きくし根入れ深さを深くすることで対応できます。

柱状改良工法
柱状改良工法

柱状改良工事は2から6m程度の軟弱地盤が対象。円柱状改良杭を基礎下に配置し建物荷重を支持する工法です。

新技術 SDS試験
地震に強い秘密

東日本大震災以来、やはり聞かれるのは耐震性についてです。
柱や梁にはエンジニアリングウッドを使用し、反り、割れがなく構造強度ではムク材の1.5倍。2階の床組には根太と梁、胴差をフラットにした剛床工法で 剛性アップ。1階床を支える束はスリムなのに安心の銅製束(1本で支える重さは約500kg)を使用しています。

パルコホーム宮城
エンジニアリングウッド柱
エンジニアリングウッド柱
エンジニアリングウッド梁
エンジニアリングウッド梁
剛床工法
剛床工法
鋼製束
鋼製束
暖かさの秘密

基礎の内側に現場発泡ウレタンを120mm吹き付けした断熱天井工法は冬場の凍結の心配がありません。さらに防湿シート併用の土間コンクリートの施工で湿気対策も万全です。
フル装備シリーズ、ママ楽シリーズの家は、壁には90mm、屋根面には160mmの現場発泡ウレタンを吹き付けした高気密・高断熱工法で熱ロスを最小に抑えます。

断熱天井
断熱天井
断熱壁
断熱壁
断熱全体
断熱全体
安心をお届けします

長期にわたり性能を保てる住宅かどうか、着工からお引き渡しまでの間、国土交通大臣認定による基礎・躯体の2回の検査と社内検査が4回。合計6回の現場検査を厳しく実施。お客様に更なる安心の住まいをお届けします。

CONTACT
a href="#CONTACT">CONTACT
022-358-8650
トップに戻る
資料請求来場予約定期点検