家づくりコラム
家づくりコラム

2017/03/27

注文住宅と建売住宅の違いとは?

はじめに

住宅購入は、人生の三大支出と言われるように、とても高額な買い物です。
一戸建て住宅の購入にあたって一般的に注文住宅と建売住宅という選択肢がありますが、購入した後に後悔するようなことになっては取り返しがつきません。
そこで、これから購入をお考えの方に「注文住宅」と「建売住宅」の特長や違いについてご紹介します。

注文住宅とは?

注文住宅とは、施工会社にオーダーメイドの住宅を建築してもらうものです。住宅の外観や間取り、設備などを自由に決定することができます。

注文住宅のメリット

1.間取りをライフスタイルに合わせて設計できる
2.建築過程の確認や施工会社との人間関係をつくれる

注文住宅のメリットは、何といっても自由に住宅のデザインや仕様などを決定することが可能なことです。
オリジナリティーあふれた住宅を建築することができます。住空間にはこだわりがあるという方にはピッタリの住宅です。

建築過程を自分の目で確認することができるので安心です。また、施工会社の方と人間関係をつくることも何かとメリットがあります。

注文住宅のデメリット

1.完成までに時間を要する
2.予想イメージと完成物が異なったり、予算が膨らむことがある

注文住宅のデメリットとして、打ち合わせなどの時間が必要なため、完成するまでに時間を要する場合があります。

また、要望を注文して建てるため、その分コストもかかります。予想と完成に隔たりが生じるケースがあったり、こだわりのために予算が膨らんでしまったりすることもあるので、事前にしっかりすり合わせを行いましょう。

建売住宅とは?

建売住宅とは、一般に分譲住宅といわれる住宅であり、不動産会社などが販売する土地付き一戸建て住宅のことです。同時に複数の住宅を建てるため、コストが軽減されます。

建売住宅のメリット

1.コスト軽減や立地に優れている
2.完成した状態を確認できる

メリットとしては、複数の住宅が同時に建築されることが多く、材料のまとめ買いができ、コストを抑えることができます。また、販売しやすくするため立地が優れているケースが多いのも特徴です。

完成した住宅を購入する場合、住宅の状態を確認してから購入できるので、購入後にイメージと異なるという心配もありません。

建売住宅デメリット

1.工事の過程が確認できない
2.住宅にあわせなければならない

デメリットとしては工事の過程を確認できないので、どのような材料でどのような工事がされているのかがわかりません。そのため、長期的に考えたときに心配な部分もあります。
また、注文住宅とは異なり細かいデザインや仕様を注文することは出来ないため、既に完成している住宅に生活スタイルを合わせる必要があります。

注文住宅と建売住宅の選び方

注文住宅と建売住宅のどちらがよいかを判断するのは、購入者の住宅に対する要望や価格など、求める要素により変わります。たとえば、「住宅には思い入れがあって…」という方には注文住宅の方が適していますし、「住宅については合理的に考えたい…」という方であれば建売住宅のほうが適しているかもしれません。

まとめ

注文住宅にも建売住宅にも、それぞれメリットやデメリットがあります。選択の際には、住宅に対して自分が最も重要だと考える要望を整理して、その要望に応じたメリットの大きい方を選択するのが後悔しない住宅の購入につながるはずです。

▲ページトップへ