家づくりコラム
家づくりコラム

2016/06/01

子育てを一番に考えた土地探し

子育てを一番に考えた土地探し

土地探しのチェックリスト

家を建てようと思うきっかけとして、「子育て」というのは重要なキーワードです。お子さまがストレスなく育つことができる環境を求めるのはもちろんですが、ママとパパが安心して子育てできる環境という目線も大切です。今回は、お子さまの豊かな成長を願い、新しい家を建てようと考える方に、気を付けるべきチェックリストをご紹介します。

まずは「子どもが嬉しい」を最優先に

なんといっても子どもがのびのびと安全に遊び、すくすくと育っていくことが最優先です。子どもの目線から見て嬉しい環境を見ていきましょう。

CHECK1 小学校や中学校までは近いですか?

はじめに通う学校への距離をチェックしましょう。学区によっては、数キロの通学路が設定されていることもあります。遠ければ遠いほど行き帰りの時間の負担は大きくなりますし、交通量の多い道を通るなど安全面での不安が増えていきます。

CHECK2 自然に触れられる環境や施設がありますか?

豊かな自然の中でのびのび遊び、たくさんの生き物や植物と触れあうことは、子どもたちの大きな楽しみです。また、感受性を高めたり、生き物を大切にする心を身に付けるなど、学びの機会にもなります。緑が多い公園や河川、森などがそばにあることは、子育ての大きなメリットです。

CHECK3 地域のコミュニティやイベントはありますか?

例えば、子ども達が参加できるお祭りがあったり、児童会で旅行などイベントが企画されていたり、学校外での地域との交流の場や子ども同士のコミュニケーションの場があるかも確認しておきましょう。地域を通しての経験は子ども達にとって大切な思い出となり、ふるさととしての愛着を感じるためのきっかけにもなります。

CHECK4 学習塾や習い事に選択肢がありますか?

ピアノやスポーツなど習い事が選べる環境にあることが、子どもの経験を豊かにするために大切なことです。学習塾に関しても、小学校、中学校と成長段階に合わせて、求めるものも変わってきます。お子さまに合った塾を選ぶためにも、いくつか選択肢がある方が好ましいです。

◯「パパとママが子育てに集中できる環境」も忘れずに。

子どもが喜ぶ環境も大切ですが、親が子育てをしやすい環境も子育てを考えた家づくりで必要となります。子どものことだけを考えるのではなく、親であるご自身の暮らしやすさも考えておきましょう。

CHECK5周辺に危険なエリアはありませんか?

安心して子育てをしていくためには、地域の安全が大前提になります。塾に通っていて帰りが遅くなってしまったり、お子さま1人で帰宅する場合などが想定される場合は、実際に現地を歩いてみて、人通りの少なく街灯も少ない道がないか確かめておきましょう。知り合いに現地に住んでいる方がいる場合は、地域の評判や治安についてもしっかりと聞いておきましょう。

CHECK6 子どもを見守る環境がありますか?

街の安全が保たれるのは、地域の見守る体制があってこそです。土地を決める前にはそのような地域の取り組みにも少し目を向けてみましょう。確かめる方法として、午前7時から7時半ごろの通学路を歩いてみるといいかもしれません。
保護者や地域の方による登校指導がされているかなどが確認できます。

CHECK7 近くにお子さまを預けられる施設・サービスはありますか?

近年増えている共働きのご家庭では、お子さまを安心して預けられる施設やサービスの充実が子育てと仕事の両立で重要になります。幼稚園・保育園の施設があるか、保育園は何時まで預けられるのかはもちろん、小学校の学童保育や病児保育施設があるかなど、想定される状況を考えて、周辺施設をチェックしましょう。

CHECK8 近くにお医者さんはありますか?

突然の発熱など、予期できない子どもの体調にも対応できるよう周辺の小児科をチェックしておきましょう。夜間や休日にも対応する緊急病院の有無も確認すべき点です。また、市区町村によって医療助成制度が変わりますので、行政のサービスも見逃すことはできません。

まとめ

いかがでしたか?注意していただきたいことは、上述したチェックリストをすべて網羅しなければいけないというわけではありません。子育てのスタイルによって、優先度は変わります。この中で何を一番にするか、どれなら妥協できるかを考え、土地選びに役立ててみてください。

▲ページトップへ